「北九州の木で家を建てる会」とは

今、地球環境保全、特に地球温暖化の影響が人類にとって重要な課題となりつつあります。
私たちは日本人はこれまで木材のほとんどを海外に、中でも熱帯地方の森林にその大半を依存してきました。

こんにち日本の森林資源は年々増加し、年間の木材需要量を充分まかなることが可能になっているにもかかわらず、経済優先社会にあって近くの山の木が利用されず、国土の保全など森林のはたらきが期待できなくなりつつあります。

私たちは遠賀川・今川流域の木を生産する人、加工する人、販売する人、住宅を設計する人、施工する人などがネットワークを構築し、北九州の木を活用した家造りの推進に向け、補給体制の整備、商品企画力・技術力の向上、情報化の促進などについて相互に協力や研さんすることで、北九州の木の利用促進を図り、遠賀川・今川流域の森林整備に貢献するとともに家を建てたい人の利益につながる活動を目指しています。

「北九州の木で家を建てる会」は北九州地区、京築地区、筑豊地区の市町村、森林組合、県農林事務所、ほか関係団体で組織された「遠賀川・今川流域森林林業活性化センター」の支援を受けて活動しています。

家を建てたいときは.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。