北九州の木 豆知識

京築ヒノキ豆知識

京築地方で生産される「京築ヒノキ」は、材が紅色で年輪幅が小さい特徴をもつ、評価が高い優良材です。
”古くは、宇佐神宮(大分県宇佐市)の33年ごとの遷宮(せんぐう)(神殿の建て替え)の時、宮柱に当地方のヒノキを使って建てられていた”という説です。
 
京築ヒノキ.jpg


英彦山鬼スギ.jpg

 英彦山鬼スギ豆知識

このスギは、英彦山の南岳の南方にあります。
かつて霊前や筑前の国々を荒らし回った鬼が、この山を退散する際 、付近にあったスギの枝を逆さに突き刺したものが生育したものとの伝説があります。
現在では県下で最も大きな巨木と言われています。
国指定天然記念物(大正12年指定)
樹齢約1200年
樹高約38m、幹周り約11m、枝張り約15m




北九州の木とは: 
北九州市とその周辺、京築地域、筑豊地域の森林から生産されたスギとヒノキのことです。

木造表しの家実例.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。